閉じる

閉じる

令和5年1月4日から車検証が電子化されます(更新)

ニュースへ戻る

令和5年1月4日から車検証が電子化されます(更新)

 令和5年1月4日より自動車検査証を電子化し、必要最小限の記載事項を除き自動車検査証情報はICタグに記録されます。
 車検証の交付を受けるためには運輸支局等への出頭が必要ですが、車検証を電子化し、整備事業者等の事業所等において車検証の有効期間を更新する仕組みを新たに導入することで、車検時の運輸支局等への出頭を不要とする制度とシステムを導入するために実施されます。

※電子車検証の交付を受けた場合は、速やかにICカードリーダー等で情報を読み取り、自動車検査証記録事項(PDF)を保存し、車両管理台帳とあわせて備え付けてください。
※3年間は、すべての車検証情報が記載された「自動車検査証記録事項」が発行されますので、車両管理台帳と一緒に保存してください。

【電子車検証】
・A6サイズの厚紙にICタグを貼付したもの(※原則として、半永久的に使用します)
・記載されない(ICタグ内)事項(自動車検査証の有効期間、所有者の氏名・住所、使用者の住所、使用の本拠の位置 等)

ICタグの情報は、スマートフォン、ICカードリーダーで読み取ることができます。
○ PC版アプリは下記リンクからインストールしてください。
○ スマートフォン版アプリは、1月4日から「App Store」及び「Google Play」からインストールが可能となります。
・スマートフォンのアプリに登録すれば、車検証有効期間の事前通知(最大10台まで)が可能です。有効期間の満了前60日前、30日前、1日後に通知を受け取ることができます。
・スマートフォンの機種変更をした場合、読み取った情報や設定の引き継ぎされません。
○アプリをインストールすると、メーカーから申告された、次回検査時に改善措置が必要なリコール情報を受け取ることができます。

ダウンロード
関連リンク

ニュース一覧